Blog

冬のパウンドケーキ「チョコマーブル」発売中!

東中野のお花屋さん On Flowers (オン フラワーズ)さん。
店内のカフェで私の焼き菓子を出していただいています。

先月から、冬のパウンドケーキ「チョコマーブル」が仲間入りしました。
プレーンとチョコ。
バターの風味豊かなふたつのパウンド生地をミックスしました。

チョコ生地には、そのまま食べてもおいしいチョコチップが入っています。
Wチョコ効果でチョコ感アップ!
チョコ生地にはラム酒が入っています。
焼き上がりの熱々のうちに、ラム酒入りのシロップをたっぷりしみこませています。
ラム酒ほんのり香る、ちょっと大人のパウンドケーキかなと思います。

おやつにパクッと気軽に食べられるケーキにしたいなと思い、
バターをしっかりと泡立ててふんわり軽めの生地にしました。
口どけの良さをコーヒーと一緒に味わっていただけたら嬉しいです。


2019-01-11 | Posted in Blog, News, お菓子Comments Closed 

 

スクエアケーキ「マロン&マロン」発売中!

東中野のお花屋さん On Flowers (オン フラワーズ)さん。
店内のカフェで私の焼き菓子を出していただいています。
先月から、冬のスクエアケーキ「マロン&マロン」が仲間入りしました。

アーモンドパウダーの入ったしっとりバターケーキ生地に
フランス産マロンクリームがマーブル状に入っています。
クリームがランダムに入っているので、マロンの味がより強く感じるかなと思います。
さらに、砕いたマロングラッセをたっぷり入れました。
マロンクリームとマロングラッセで「マロン&マロン」です。

表面の紫色の模様はカシス。
カシスジャムをトッピングして焼き上げています。
カシスの酸味がマロンの甘みをうまく引き立てているかなと思います。
ずいぶん前ですが、フランスでマロンのケーキにカシスが入っているのを食べたことがあって、
これはいい組合せだなぁ、と感心したのを思い出してトッピングにしてみました。

寒い冬こそバターケーキをゆっくり味わうのにぴったりな季節。
お花とケーキとコーヒーで冬のお茶時間をお楽しみくださいネ。
(販売日はOn Flowersさんにご確認ください)


2019-01-08 | Posted in Blog, News, お菓子Comments Closed 

 

2月パンレッスン「ハートのプレッツェル」募集開始しました

食のアトリエ・スパロウです。
あけましておめでとうございます!
本年も皆さまに喜んでいただけるよう
はつらつとおいしいパンやケーキを作りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

新年早々ですが、2月のパンレッスンについてお知らせします。
2月は特別レッスンとしてイーストで「ハートのプレッツェル」を作ります。

「プレッツェル」はドイツ発祥のユニークな結び目が特徴の焼き菓子。
表面が茶色く生地がモチモチッとしているのは、
オーブンに入れる前に水酸化ナトリウム水溶液に浸けるため。
レッスンでは家庭用に重曹湯に浸けます。

2月はバレンタインにちなんでハート型に成形して可愛らしく作ります。
プレーン、バター、シナモンシュガーの3種類、それぞれおいしいですよ!

また、今回は特別レッスンとして有機天然酵母ではなくイーストで作ります。
いつもの有機天然酵母の一晩ゆっくり発酵レッスンとは違い、
こねから焼き上げまで順序通り実習していただきますので、
パン作りの一連の流れやイースト生地の感じを体験していただけます。

スケジュール・メニュー詳細はHPのCalenderに掲載しています。
参加ご希望の方は、メールフォーム contact からお申し込みください。
直接メール送信される場合は下記まで。メールにてご返信します。
lesson@atelier-sparrow.com

パンと器と豊かな時間。
楽しく作って楽しく食べることを大切にしたいと思います。
パン作りが初めての方も大歓迎!
なごやかなひとときをご一緒してくださる方、ご参加をお待ちしています!

********************************************

2019年2月のパンレッスン

パン特別レッスン(イースト):ハートのプレッツェル

3種類の「ハートのプレッツェル」を作ります。
ご自身で作ったパンはお持ち帰りいただきます。
今月のパンに合うチーズを1品ご用意し、チーズプロフェッショナルの講師が解説します。
実習の後は、趣味で集めた民芸の器で、ランチとデザートをゆっくり召し上がっていただきます。
パンに合うチーズは何が出るかお楽しみ。(召し上がっていただきやすいものを予定しています)

7500円  10時~14時 定員4名
2019年  2月9日(土)
2019年  2月10日(日)

※お申込み締め切り:レッスン開催日の3日前
…事前準備の都合上、原則開催日の3日前締め切りとさせていただきます。
ご参加可能な場合もございますので、直前にご希望の場合はお問合せください。


2019-01-01 | Posted in Blog, News, パンレッスンComments Closed 

 

今季初のみかんジャム「ちゃのま」ができました!

今季初のみかんジャム「ちゃのま」ができました!
温州みかんにしょうがを加えた和風マーマレードです。

このジャムに一番時間がかかるのが、皮むきと房の処理。
白いワタがなるべく残らないようにひとつひとつ皮をむいて、
種や筋が入っていないか一房一房バラシて確認します。
それから皮を茹でで、房をミキサーですりつぶして。
20瓶作るのに3時間ほど。



もう来年は止めようかな。
毎年思うのですが…
マーマレードとは一味違ったホッとする香りと優しい酸味で夫 ベスト3に入るお気に入り。
大喜びするので止められません。

パッケージはYUYAデザイン。
2019年1月5日(土)のオープンアトリエから販売します。
通販はオープンアトリエ後販売します。


2018-12-22 | Posted in Blog, News, ジャムComments Closed 

 

12月パンレッスン終了しました


食のアトリエ・スパロウ、12月パンレッスンが終了しました。
東中野のお花屋さんOn Flowersからいただいたアレジでお教室はクリスマスらしい雰囲気。
パンとチーズの会では有機天然酵母の「パネトーネ・ピッコロ」を作りまし た。

パネトーネはイタリアでクリスマス時期に食べる発酵菓子。
ゆるめの生地で大きく焼き上げるのが本場ですが、
今回はお家で失敗なく作りやすいように
小さくマフィンサイズにしました。

2色レーズン&オレンジピール入りのプレーンと
チョコチップ&レモンピール入りのチョコ。
2種類作りました。
柔らかい生地で成形に少し時間がかかりましたが…
どちらも元気に膨らみました。

オーブンから出した時
「わーぁ!」
の声が聞けるとうれしいですね。
ヤッタって心の中でピースします。

しっとりしていておいしい!
との感想をいただきました。
パネトーネのようなブリオッシュ生地はパサつきがちなのですが、そこをおさえて焼いた翌日もしっとりしているように工夫したレシピ。
お口に合ってよかったです。

実習後のランチタイム。
・パン:パネトーネ、カンパーニュ
・サラダ:干し柿とブルーチーズのサラダ
・メイン:スペアリブとごぼうのやわらか煮
・チーズ:ゴルゴンゾーラ・ドルチェ
・デザート:焼きりんご

 メインの煮込み。

玉ねぎ、にんじん、生ハムを炒めたスープでスペアリブとごぼうをゆっくり煮ます。
お肉が骨から外れそうになるまで。
このお料理の主役はごぼう。
じっくり煮ると大きめ輪切りのごぼうがヤワヤワになってホロっと崩れます。
ごぼうっておいしいねぇ!ってびっくりします。
レンコンやにんじんなど土の味がする野菜が大好き。
特に好きなごぼうを存分に味わいたくて作ってみました。

サラダは干し柿とブルーチーズ、生ハム入り。
干し柿は1時間ほどマリネしてから使うのがポイント。
しっとりして生野菜とのなじみがいいです。
カラフルで華やか、これからのパーティーシーンに参考になればと思います。
ドレッシングのオリーブオイルはキヨエを使いました。
品質の良さで定評のあるブランド、フルーツの甘みや生野菜の香りを生かしてサッパリと仕上がります。
オイルのお話しなども少しさせていただきました。

今月のチーズは「ゴルゴンゾーラ・ドルチェ」でした。
ゴルゴンゾーラはイタリアを代表するチーズ。
世界3大ブルーチーズのひとつです。
日本でもポピュラーなので召し上がったことがある方も多いのでは。
ゴルゴンゾーラにはピカンテとドルチェの2種類があります。
ピカンテは青カビ独特のピリッとした辛みが強く、ドルチェは辛みがマイルド。
今月作ったパン、甘いパネトーネにはドルチェが合うかなと合わせてみました。
ハチミツも一緒に。
ねっとりクリーミーで程よい辛み。
チョコ味のパネトーネとの相性がとっても良かったです。

ブルーチーズは甘いものとも良く合います。
たとえば、あんぽ柿に挟んでオードブルに。
クリスマスのお料理にひとつ加えると華やかになりますね。
こんな風に少しお話しさせていただきました。
お家でいろいろと自分好みの食材と合わせて楽しんでいただけると嬉しいです

デザートは焼きりんごでした。
今まで作ってきて、いろいろと詰めものの具材は変わりましたが、今落ち着いているのはこんな風。
クルミとレーズンをみじん切りにしたのとビスケットを砕いたのとお砂糖とシナモン。
これ以上ムリってくらいギューギューに詰めた方がおいしいです。アイスと一緒に。
レッスンではお料理より何よりもコレの作り方に興味持っていただいた様子で、皆さんメモ取っておられました。
寒い日にフーフーしながら食べるとおいしいですよネ

今月もご参加いただきありがとうございました。
来月は「ダッチブレッド」でお待ちします!


2018-12-22 | Posted in Blog, パンレッスンComments Closed 

 

岡山個展ありがとうございました!


昨日12/18で岡山AXCIS CLASSICで開催の切り絵作家の夫YUYAの個展が終了しました。
私もYUYAと一緒に最初の2日間だけ在廊させていただきました。
はじめての場所でどうなるかしら?少し心細かったですが、たくさんのお客さまにお越しいただき
SNSなどで私のことも知ってくださっていたりと、とても嬉しかったです。
その後も会期中はたくさんの方にいらしていただいたようで本当に感謝いたします。
ありがとうございます!!


わたしたちの暮らしやアトリエの雰囲気を感じていただけたらな。
手づくりクッキーとジャムの販売、トークイベントでのケーキサービスをさせていただきました。
ほんの少しですが食でお伝えできていれば嬉しいです。


2日目のトークショーではYUYAが子どもの頃から大好きなトスカケーキを東京から持参し、お配りしました。わたしたちの話を聞いてくださるなんて、ありがたいような申し訳ないような。せっかくならお菓子と一緒に楽しんでいただきたいなと。
岡山近隣の優しいお客さまとご一緒できて嬉しかったです!



初日は強力な助っ人、夜長茶廊のイシガメさん・アヤコさんご夫婦がカレー出店してくださり初めてイベントご一緒させていただきました。
鳥取のお店のオープン前の工事時期にお邪魔して以来、YUYAに看板をご依頼いただいたりと繋がってくださって。今回もお忙しい中出店してくださると知り、会期前から楽しみにしていました。
当日はYUYAと久しぶりにいただいたカレーはホントに!おいしかったです。
少し行列ができましたが、お客さまが喜んでおられるのがすごく嬉しくて、夜長さんとイベント企画をしてくださったAXCISさんに感謝です!



広い会場での展示、YUYAプレッシャーだったと思います。他の仕事に追われながらも秋から毎日集中して作品を作っていました。
ふだん私は1階のキッチンにいることか多く作った作品を見ることがあまりなくて、搬入作業しながら、へーぇ こんなの作ったんだ、いいのばっかり!と新鮮に見入りました。
ふたりで設営を終えた時、明るく開放的な会場のおかげもあり、とってもいい展示になったぁぁ!!と思いました。手前味噌で恐縮ですが…
YUYAは岡山のキャッチフレーズ「晴れの国おかやま」が大好きです。前々から親しくしてくださっているAXCISの皆さんや、温かく優しい瀬戸内の方々や、倉敷の民芸や。いろんな岡山をチラチラと思いながらできた作品かなぁと思います。
良い経験をさせていただきほんとうにありがとうございました!
SNSで応援くださった皆さまも。ありがとうございました!


2018-12-20 | Posted in Blog, コラムComments Closed 

 

1月パンレッスン「ダッチブレッド」募集開始しました

食のアトリエ・スパロウです。
2019年1月のパンレッスンについてお知らせします。
1月は有機天然酵母の「ダッチブレッド」を作ります。

ひび割れ模様の上生地が特徴の「ダッチブレッド」。
虎の模様に似ていることから「タイガーブレッド」とも呼ばれています。
上生地はパリッパリ、中のパンはサクッと軽め。
コントラストが楽しいパンです。
具の入らないプレーンと2種のチーズ入りの2タイプを作ります。
パリパリ皮は上新粉からできています。
ちょっと一手間ですが、こんなパンがお家で作れると楽しいですね。

スケジュール・メニュー詳細はHPのCalenderに掲載しています。
参加ご希望の方は、メールフォーム contact からお申し込みください。
直接メール送信される場合は下記まで。メールにてご返信します。
lesson@atelier-sparrow.com

パンと器と豊かな時間。
楽しく作って楽しく食べることを大切にしたいと思います。
パン作りが初めての方も大歓迎!なごやかなひとときをご一緒してくださる方、ご参加をお待ちしています!

********************************************

2019年1月のパンレッスン

パンとチーズの会(有機天然酵母):ダッチブレッド

2タイプの「ダッチブレッド」を作ります。
ご自身で作ったパンはお持ち帰りいただきます。
今月のパンに合うチーズを1品ご用意し、チーズプロフェッショナルの講師が解説します。
実習の後は、趣味で集めた民芸の器で、ランチとデザートをゆっくり召し上がっていただきます。
パンに合うチーズは何が出るかお楽しみ。(召し上がっていただきやすいものを予定しています)

7500円  10時~14時 定員4名
2019年 1月18日(金)
2019年 1月19日(土)←お申込み終了しました
2019年 1月20日(日)←お申込み終了しました


2018-11-28 | Posted in Blog, News, パンレッスンComments Closed 

 

11月パンレッスン終了しました。

食のアトリエ・スパロウ、11月パンレッスンが終了しました。
パンとチーズの会では有機天然酵母の「木の実のパン」を作りまし た。

全粒粉入りのシンプルなハードパン生地。
程よく柔らかくて「ソフトハードパン」と名付けています。
今回は3種のナッツとラムレーズンを入れましたが、
甘い系でも塩味系でも、具材はアレンジ自在です。
具材無しで生地だけでもおいしくて。
ひとつ覚えておくと活躍するパンをお伝えしたくて、今月のメニューにしました。

バゲットなどのハードパンは柔らかくて、キャンバス地で布どりをして発酵させるのが一般的です。
でも、キャンバスを使うと後のお洗濯や片付けが面倒。
自分で作る時はなるべく使わないようにクッキングシートなどで代用したりしています。
今回の生地は、キャンバスを使わなくてもダレないようにギリギリの水分量の配合にしました。

たっぷりの具材を入れるのに少し時間がかかりましたが、伸びのいい扱いやすい生地なので、
皆さんきれいに焼けました。

有機天然酵母のハードパンは皮が薄く焼きあがるので、固いパンが苦手な方でも食べやすいかなと思います。
中はふんわり、ナッツも香ばしく焼けました。

実習後のランチタイム。
・パン:木の実のパン
・スープ:甘栗のスープ
・メイン:鮭のムニエルバター醤油ソース
・チーズ:ローマノ・プラデラ(ゴーダチーズ3年熟成)
・デザート:洋梨の赤ワイン煮

 鮭には春菊のサラダをたっぷり添えました。
春菊は茎と葉を分けて調理するとおいしいです。
茎はオリーブオイルでサッと炒めて。
葉はなまのままちぎって。
ボールで葉と茎を混ぜて軽く塩コショウ&おいしいオリーブオイル。
味のしっかりした素材とよく合います。

甘栗のスープが大好評でした。
玉ねぎと甘栗を蒸し炒めしてからピューレにし、牛乳を加えただけなのですが、甘くて深い味。
甘栗はお料理にも大活躍します。

今月のチーズは「ローマノ・プラデラ」でした。
ゴーダの中でも長期熟成したもので、熟成期間3年以上のもの。濃厚な旨みです。

今月レッスンのナッツたっぷり「木の実のパン」には、味のしっかりしたハードタイプがいいかなと思いました。
神楽坂のチーズ専門店「アルパージュ 」でこのチーズを薦めていただきました。

キャラメル色でアミノ酸の粒々がたくさん。
少し味噌のような風味があり、旨味たっぷりです。
カチ割りでガリッと食べてもいいし、薄くスライスして、ゆっくり口どけを楽しんでもおいしいです。
日本酒やウイスキーにも合いそうですね。(私は飲めないのですが…)
ナッツのパンとも良く合いました。
ご参加の皆さんからも「おいしい〜」の声をいただきました。

デザートは洋梨の赤ワイン煮でした。

洋梨を丸ごと鍋に並べて、赤ワインとお砂糖、レモン汁、スパイスでゆっくりコトコト。
スパイスはだいたいいつもシナモンスティック、スターアニス、クローブを使います。
アニスの甘い香りが大好き。
1時間だとちょっと軽め。2時間煮るとトロッと滑らかな口どけになります。
煮汁に漬けて冷蔵庫でちょっとお休み。2日目から味と色がしみて食べごろです。

ちょっと淋しいようですが、生クリームとシナモンだけの盛り付けにしました。
こうやって食べるのが一番おいしいと思って。
あっという間にペロリッと、の方が多かったです。
良かったぁ。

今月もご参加いただきありがとうございました。
来月は「パネトーネ・ピッコロ」でお待ちします!


2018-11-26 | Posted in Blog, パンレッスンComments Closed 

 

冬のスペシャルジャム「シュトレン」できました

冬のスペシャルジャム「シュトレン」ができました!
ドイツのクリスマスのお菓子、シュトレンをイメージして作りました。

りんごジャムをベースに、2色のレーズン、ドライアプリコット、クルミ、スパイス、ブランデーを入れました。
りんごのフレッシュな酸味にスパイスやドライフルーツが重なって奥深い味。
パンはもちろん、ハムやチーズに添えてアペリティフに、お肉料理のソースにと、お料理に使うのもおすすめ。

作るのに時間がかかる為、少量の製作となりました。お早目に~。
アトリエでは12/1(土)のオープンアトリエから販売します。
ウェブショップでは販売開始しました。


2018-11-25 | Posted in Blog, News, ジャムComments Closed 

 

「マンボ」久しぶりに作りました

バナナとチョコのジャム「マンボ」 久しぶりに作りました。
バナナにダークチョコとラム酒を合わせたポッテリ濃厚なジャムです。
夫は食パンにたっぷりのせて、お匙でもすくいながら平らげています。

通年、たまに作っているジャム。
チョコもバナナもどっちも大好き。
最強の組合せのせいか、いつも人気です。

アトリエでは12/1(土)のオープンアトリエから販売します。
ウェブショップでは販売開始しました。

 


2018-11-25 | Posted in Blog, News, ジャムComments Closed 

 

12月パンレッスン「パネトーネ・ピッコロ」募集開始しました


食のアトリエ・スパロウです。
2018年12月のパンレッスンについてお知らせします。
12月は有機天然酵母のミニサイズのパネトーネ「パネトーネ・ピッコロ」を作ります。

パネトーネはイタリアでクリスマスに食べる伝統的な発酵菓子。
卵やバターたっぷりの柔らかい生地をゆっくり発酵させてふんわり焼き上げるので、
珈琲や紅茶だけじゃなくスパークリングワインなどのお酒との相性もバッチリ。

昨年は大きなパネトーネカップで焼き上げましたが、発酵の見極めや焼成の調整に少し慣れが必要でした。
今回は初心者の方でも作りやすいマフィンサイズで、プレーンとチョコの2種類を作ります。

スケジュール・メニュー詳細はHPのCalenderに掲載しています。
参加ご希望の方は、メールフォーム contact からお申し込みください。
直接メール送信される場合は下記まで。メールにてご返信します。
lesson@atelier-sparrow.com

パンと器と豊かな時間。
楽しく作って楽しく食べることを大切にしたいと思います。
パン作りが初めての方も大歓迎!なごやかなひとときをご一緒してくださる方、ご参加をお待ちしています!

********************************************

2018年12月のパンレッスン

パンとチーズの会(有機天然酵母):パネトーネ・ピッコロ

マフィンサイズのパネトーネ「パネトーネ・ピッコロ」を作ります。
ご自身で作ったパンはお持ち帰りいただきます。
今月のパンに合うチーズを1品ご用意し、チーズプロフェッショナルの講師が解説します。
実習の後は、趣味で集めた民芸の器で、ランチとデザートをゆっくり召し上がっていただきます。
パンに合うチーズは何が出るかお楽しみ。(召し上がっていただきやすいものを予定しています)

7500円  10時~14時 定員4名
2018年 12月14日(金)
2018年 12月15日(土)←※満席(キャンセル待ち受付)
2018年 12月16日(日)


2018-10-31 | Posted in Blog, News, パンレッスンComments Closed 

 

今年のquiet(クワイエット)ができました

今季初のスパロウジャム「quiet(クワイエット)」ができました。
洋梨ジャムの中に白胡椒が3粒入っています。
幅広い方にお求めいただいている定番のフレーバーです。

このジャムの難しいところは梨の追熟。
買ったばかりの梨はまだ固いので、ザルに並べて風通しのいい場所に置きます。
一つ一つ毎日少し回して1か所だけが柔らかくならないように気を付けて。
短い時は3~4日。長い時は1週間ほど。
その時の温度と梨の状態で変わります。
洋梨の甘い香りがほんのり立ってきたらだいたい大丈夫。
よし、今日作ろう!と梨を割る時ドキドキします。

淡いクリーム色とホワッと優しい洋梨の香りから「クワイエット」と名付けました。
白胡椒が3粒はどうして?
見た目にちょと楽しいのと、ほんの少し香りのアクセントに。
胡椒の味はほとんどしませんので…。
ガリッとかじらないように気を付けてくださいね。

パッケージはYUYAデザイン。
11月3日のオープンアトリエから、オンラインはその後から発売予定です。


2018-10-28 | Posted in Blog, News, ジャムComments Closed 

 

今年の「チェリッシュ」ができました。

今年の「Cherish」(チェリッシュ)第一弾ができました!
りんごとカルバドス(りんごのお酒)のジャムです。

先日、近所の地産マルシェで早生のふじを見かけて買ってみたのですが、とってのもジューシー。
はしりらしい爽やかなお味です。
今だけのこの風味をとらえねば!と張り切って、予定よりも少し早くジャムにしました。

ちょうど紅玉がおいしい季節、ふじと紅玉のブレンドにしました。
ピューレにしたのとスライスしたの、切り方の違うりんごを合わせて煮て、仕上げにりんごのお酒カルバドスを入れました。
とろーり&シャキシャキ、りんごの魅力が詰まっています。

かわいこちゃんをイメージして「Cherish」(チェリッシュ)と名付けました。
パッケージはYUYAデザイン。
11月3日(土)のオープンアトリエから、オンラインはその後から発売予定です。

 


2018-10-22 | Posted in Blog, News, ジャムComments Closed 

 

10月パンレッスン終了しました

食のアトリエ・スパロウ、10月パンレッスンが終了しました。
パンとチーズの会では有機天然酵母の「かぼちゃのちぎりパン」を作りまし た。

ハロウィンにちなんで今月はかぼちゃを使ったパンです。
丸めだけの簡単成形ですが、型に並べて大きく焼くと素敵な焼き上がり。
パーティーのお土産にもいいかなと考えました。

みなさんで丸めたかぼちゃ生地、初心者の方でも失敗なくできる丸め方などお伝えしました。
最終発酵が終わってふっくら。
これからオーブンに入れて焼きます。

オーブンに入れて待つこと28分。
ほんのり甘いにおいがしてきます。「お腹すいた~」の声も。
ふんわりきれいに焼き上がりました。
焼けると黄色がより鮮やかになります。

ぷっくりホッペみたいで可愛らしいですね。
かぼちゃ入りの生地は超しっとり。
小麦だけで作るパンとは違った独特の食感です。

この歯ざわりを実際に食べていただきたいな。
パン生地にかぼちゃを使う時のちょっとしたコツ。
そんな事をお伝えしながらのパン作りでした。

実習後のランチタイム。
・パン:かぼちゃのちぎりパン
・サラダ:無花果とぶどうと生ハムの赤いサラダ
・メイン:豚フィレ肉のソテー ゴルゴンゾーラソース
・チーズ:マスカルポーネ 町村農場(日本)製
・デザート:栗のケーキ 2種のクリームと

 メインのお肉は、切り込みを入れてローズマリーなどのハーブを挟んでソテーして、
ゴルゴンゾーラチーズやケッパー入りのソースで軽く煮ました。
サラダは無花果とぶどう入り。バルサミコ入りドレッシングで和えました。
フルーツ入りのサラダにはバルサミコ酢が相性いいな、と思ってよく使います。

どちらもササッとできるお惣菜。
「早速家で作ってみますね」とおっしゃっていただけると嬉しいですね。
ふだんのお食事のヒントになればと思います。

今月のチーズは「マスカルポーネ」でした。
マスカルポーネは何度かご紹介しているのですが、かぼちゃのパンにとっても合いそうなので選びました。

今回は北海道「町村農場」製を選びました。
北海道を代表する乳業メーカー。
100年もの歴史のある北海道の酪農のさきがけとなった牧場です。
100年に渡り良い餌を育て、良い牛を育て、良い牛乳を搾ってきました。
牛乳やバター・チーズだけではなく、ソフトクリームやドーナツなど新しいスイーツも開発しています。
基本の牛乳がしっかりしているので、どれも素材の味が生きている優しい味わいです。

今年の夏は災害が相次ぎ、北海道も地震で大きな被害を受けました。
酪農にも影響があったようで、牛舎の様子などをニュースで見ると心苦しい思いでした。
酪農の盛んな北海道のチーズをご紹介したいと、今回のマスカルポーネを選びました。

町村農場のマスカルポーネは新鮮な自家産の生クリームと生乳から仕上げる、とてもなめらかなクリームタイプのチーズです。
香りさわやかで、コクがあります。クリームに近いマスカルポーネといった印象。
イタリア産と比べるとあっさりとしていて食べやすいです。

今回はいちじくジャムを合わせて召し上がっていただきました。
「食べやすい~!」「パンとよく合う!」と大好評でした。
サラダの生ハムともよく合いました。
国産チーズに興味を持っていただくきっかけになると嬉しいです。

デザートはマロンケーキ。
栗渋皮煮を入れた焼き菓子です。
2種類のクリームを添えてみました。
生クリームとマスカルポーネのミックスと、生クリームとマロンクリームのミックス。
ここでもマスカルポーネが活躍しました。
ミラベルのジャムの酸味でさっぱりと。

お食事の後のお腹具合を確認。
「カットは控えめ?大きめ?」と聞くと
「大きめで大丈夫」とのお答え。
嬉しいです。
しっかり召し上がっていただきました。

今月もご参加いただきありがとうございました。
来月は「木の実のパン」でお待ちします!


2018-10-20 | Posted in Blog, パンレッスンComments Closed 

 

ピーカンナッツとオレンジのブラウニー新登場


東中野のお花屋さん&カフェ On Flowers (オン フラワーズ)さん。
店内のカフェで私の焼き菓子を出していただいています。

先月から「ピーカンナッツとオレンジのブラウニー」が仲間入りしています。
ブラウニーはアメリカの代表的なチョコレートケーキ。名前の由来は「茶色(=brown)」からとか、イギリスやヨーロッパの伝説上の妖精ブラウニーに由来するとか、諸説あるようです。平たく焼いて四角くカットするのが一般的。

私のブラウニーはチョコレートたっぷりの生地でしっとり。ここにピーカンナッツを入れてナッティーな香ばしさとカリッと感を出しました。さらにオレンジピールを加えて爽やかさをプラス、濃厚だけど飽きずに食べられるかなナと思います。

幅広い方に召し上がっていただきたくて、あれこれと試作をしました。最初はチョコだけのシンプルな内容だったのですが、ちょっと濃厚すぎかな?一切れで満足してもらうには?酸味が加わった方がよさそう…。などなど試して出来上がりました。

すっかり秋らしくなりました。季節のお花を見ながら、おいしいコーヒーと一緒に、ゆっくりチョコレートの味を楽しんでいただけると嬉しいです。
(販売日はOn Flowersさんにご確認ください)


2018-10-13 | Posted in Blog, News, お菓子Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 13